SSC(Structural Skeleton Converter)シリーズ
SSC-構造躯体変換 V6 for Revit 2020

Autodesk Revit 2020 対応版

内容・特徴

SSCシリーズ『SSC-構造躯体変換 V6 for Revit 2020』は
Autodesk Revit 2020 のAdd In ソフトです。
SIRCAD および、各種一貫構造計算データの躯体情報を
Autodesk Revit 2020 に変換します。

構造計算データの躯体情報を変換ボタン1つで、「Revit」へ渡し、躯体情報を3次元化することができます。 「Revit」にて、はじめから躯体情報を入力、配置する手間が省けます。
3次元化されたデータは、躯体の建て方計画等に有効活用することができます。


主な変更点

『SSC-構造躯体変換 V6 for Revit 2020』の主な変更点は以下の通りです。

■ SIRCAD-IN

■ CREA変換

主な機能

Revitに変換するデータの選択画面

構造躯体変換ソフト『SSC-構造躯体変換 V6 for Revit 2020』起動後、Revitに変換するデータを選択します。

Revitに変換できるデータは、
SIRCADデータと、各種一貫構造計算データです。

↓

変換直後の3DView表示(SRC造)

躯体データを変換後、Revitにて、
SRC造の3DView表示をした例です。

↓

レンダリング

解析線分を表示した例です。

↓

鉄筋表示

鉄筋を表示した例です。

変換可能なデータ

<SIRCADデータ>

<各種一貫構造計算データ>

変換可能な部材

[躯体モデル]
杭、基礎、柱、CFT柱、基礎柱、間柱、大梁、小梁、
壁(開口含む)、RCスラブ、Sブレース

[鉄筋モデル]
杭(上部)、基礎、柱、基礎柱、大梁


製品価格

価格表 価格表PDF
製品名 価格(税抜)
○SSCシリーズ構造躯体変換ソフト
   SSC-構造躯体変換 V6 for Revit 2020
¥350,000
・年間保守費 ¥ 70,000
オプション
○BUILD.一貫X変換 ¥100,000
・年間保守費 ¥ 20,000
○BUS−6/5変換 ¥100,000
・年間保守費 ¥ 20,000
○CREA変換 ¥100,000
・年間保守費 ¥ 20,000
○SS3変換 ¥100,000
・年間保守費 ¥ 20,000
○ハードプロテクト版
¥ 15,000

2020年7月現在
価格は税抜金額です。別途消費税がかかります。
※価格は予告なしに変更する場合があります。購入時にご確認をお願いします。

◎ SIRCAD Ver.6データの躯体情報を「Autodesk Revit 2020」 に変換します。
    SIRCAD Ver.6のデータは、標準機能で変換可能です。
    SIRCAD Ver.6(建築構造図躯体図作図・設計数量算出プログラム)をお持ちでない場合は、
    一貫構造計算データ変換オプションが必要になりますのでご注意ください。
◎ 本製品は、ネットワーク認証プロテクトを使用しておりますが、
  ネットワークに接続できな場合のために、ハードプロテクトをご用意しております。
  「ハードプロテクト版」を選択した場合は、スタンドアローンでのみの使用となり、
  ハードプロテクトを差し込んだPCでのみ起動可能です。
◎ ネットワーク認証の場合は、日本国内で弊社のホームページを閲覧できる環境が必要です。

動作環境

製作:株式会社ソフトウェアセンター
パンフレット

先頭に戻る